女の人

女性の尿漏れの原因を知ろう|それぞれに最適な治療法を見つける

梅毒の症状の進行過程

婦人

性交渉によって感染する病気の一つに梅毒があります。皮膚や粘膜の傷から体内に侵入し、血液に運ばれて体全身に広がります。もし口に梅毒の病変がある場合は、キスをしただけでも感染してしまいます。梅毒の症状は主に4段階あります。感染3週間~3か月までの第1期は、菌が侵入した箇所が少し腫れますがすぐに消えます。女性も男性も性器にできものができます。その後すぐに太ももの付け根にあるリンパ節が腫れますが、痛みはなく気付かないうちに消えています。感染3か月~3年までの第2期には全身に広がった病原菌により皮膚や粘膜に発疹やぶつぶつができる場合があります。赤い斑点のような発疹で、痛みやかゆみはなく自然に消えます。感染3~10年の第3期には皮下組織にゴム腫や結節性梅毒疹といわれる大きめのしこりができます。体調に変化は見られませんが、梅毒の症状は皮膚や内臓で着実に進行していきます。そして、感染から10年以上経った第4期では心臓・血管・神経などに深刻な症状が現れます。最近では梅毒を早期発見できるようになっているので、ほとんどの人が第3期や第4期まで症状が進行するまでには至りません。もし感染してしまったら、早めに泌尿器科を受診することをおすすめします。そして、梅毒の検査をする際はHIV検査もあわせて受けると良いでしょう。パートナーも一緒に感染してしまっている可能性もあるので、できれば二人一緒に受診すると良いかもしれません。